コスモブレインTOPページへ TOPページへ 問い合わせ サイトマップ

交通シミュレーションシステム

概要

本ソフトウェアは、現地の道路構造、信号現示、走行速度、加・減速度、等を調査し、それらのデータを基に車の動きを画面上に再現するシミュレーションシステムです。
道路網における個々の車の動きをビジュアル的に再現することにより、各種の交通運用改善案の評価・検討を可能にします。

【一般的な交通シミュレーションモデルの活用例】
■連続交差点の交通に対する影響
■左右折車線の効果検討、左右折車線長の検討
■信号管制の交通に与える影響
■路線バス交通の影響検討
■横断歩行者の交通に対する影響
■駅前広場等におけるバス、タクシー、乗用車、歩行者等の交通状況の評価


利点

1.画面に地形 ・道路構造を 表示が可能
2.渋滞長、 通過時間等の 表示が可能
3.広場、駐車場 の交錯する交通 の検討が可能
4.広域的なエリアを対象とした交通状況の再現が可能

【対象交通】
■小型車 ■大型車 ■バス ■歩行者

【事前調査項目】
■道路構造 ■交通量 ■信号現示 ■走行速度・加速


動作環境

OS:Windows95以上
CPU:Pentium133MHz以上
画面:1024×768以上
メモリ:32MByte以上


【事例その1】 駅前広場の交通処理機能の検討

整備前

整備後

歩行者も含めた交通処理機能を再現!


【事例その2】 宍道湖大橋掛け替えに伴う対策の検討

※クリックすると拡大します。
シミュレーション画面

ネットワーク的な交通状況のシミュレーションに成功!

お問い合わせ:info@cosmo-brain.com

▲上に戻る